竹園高校PTAホームページ

茨城県立竹園高等学校PTAのページです
ご意見・ご要望等は info@takekopta.org までお寄せ下さい
LINKS
サイト内検索
携帯用QRコードqrcode
Adobe Readerが必要なpdfファイルがあります。最新版をダウンロードするには下のバナーをクリックして下さい。
Get Adobe Reader
平成27年度卒業式 PTA会長祝辞

    言葉の魔力 言葉の威力  〜卒業式の祝辞に代えて〜
          茨城県立竹園高等学校PTA会長  永翁 龍一

 卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。そして、保護者の皆様、おめでとうございます。これまでのご尽力、大変お疲れ様でございました。

 さて、卒業生の皆さん、皆さんはこれから、まだ成人に達するには数年が必要なのですが、高校を卒業し、特に大学に進学されるとなると、周囲の人たちは皆さんを段々と大人として扱ってくれるようになります。大人になると、皆さんの責任や義務の下で、また法や決まり事などの下で、自由な行動が可能になります。何を行うにも自由ではありますが、義務も責任も同時について回ります。その義務や責任の最も身近なものとしては、皆さんの発言に関するものがあります。皆さんがブログやツイッターなどで例えば公言することを憚られるような問題のある発言をしてしまったら、あっという間にそのことは広まってしまいます。あの人、こんな非常識なことを言う人なんだ、などの悪評もあっという間に広まってしまいます。不用意な言葉で人格が一気に悪く印象付けられてしまいます。その言葉が皆さん自身を決めてしまうのです。
 話す言葉はすぐに消えて行ってしまうように思えるかもしれません。しかし、そうではありません。時と場合によっては、人の気持ちの中に大きく残ってしまいます。しかも厄介なことに、その時の印象や雰囲気なども一緒に残ってしまいます。その結果、適切ではない不愉快な発言をしてしまった場合、言ったこと以上の悪意がこめられているように記憶されてしまうこともしばしばです。
 逆に、書き言葉は印象も何もなく字面だけが残ります。その結果、人はその言葉を文字通りに受け取ります。誤解を与えるような書き言葉は、そのまま伝わります。そんな意味ではない、それは誤解だ、と言ってもあっという間にネットを通じて拡散されてしまいます。
 では逆に、周囲を和ませたり勇気づけるような言葉を発してみるとどうでしょう。皆さんや周囲の人たちも、その言葉に敏感に反応します。特にその言葉が現状を的確に表し、冷静な心持から発せられたものであれば尚更、皆さんや周囲の人たちにいい影響を与えます。この場合も不愉快な言葉遣いの場合と同じで、温かい言葉と雰囲気がそのまま残ります。言葉だけではなく雰囲気までが残りますので、特に声に出した言葉は強い魔力があります。書き言葉は雰囲気が伝わらないことが多いのですが、表現が正確に残ります。その正確さがそっくりそのまま、言葉として残り、正確さ故にとても大きな威力を残します。
 言葉の魔力、言葉の威力を十分に理解しつつ、その魔力や威力を使いこなすことが、実はコミュニケーションと言われるものの基礎なのではないかと思います。コミュニケーションの最初に考えることは、なんといっても挨拶です。朝一番に『おはようございます』と挨拶することで、言葉の魔力を使いこなす第一歩が始まります。皆さんの身近な夢や目標を言葉で表現し、文書で残しましょう。これは、言葉の魔力と威力を借りて、夢や明るい未来をかなえるために、成功者たちがよく使う方法の一つでもあります。周囲の人たちには、好意を持って接し、温かい言葉を常に忘れずにいてください。その温かい雰囲気と言葉が、皆さんの印象となって残りますし、皆さんと周囲の人たちに幸せを運んできてくれます。言葉の魔力と威力を上手に使いこなして、四月からの新しい生活をスタートさせてください。
 最後になりましたが繰り返し、卒業生と保護者の皆様に、心よりお祝い申しあげます。ご卒業おめでとうございます。
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
「いばらき教育の日」推進大会
「いばらき教育の日」推進大会が、平成26111日、茨城県民文化センターにて開催され、本校からは、井坂校長、長谷川先生、平良会計監査、室町の4名が参加しました。
 

初めの開式行事では、主催者あいさつ、来賓である橋本茨城県知事、飯塚県議会議長のあいさつがございました。
 

活動発表では、「いばらき総文2014活動報告」があり、本校のである矢口さんをはじめとする実行委員の皆さんから、準備から苦労や楽しい想い出を含めた報告がございました。
 
 
記念講演では、浄土宗・西居院住職である廣中邦充さんの講演がありました。
住職は、非行少年や引きこもりの子供たちを無償で自宅に預かり、子どもたちの社会復帰させつ活動を続け、マスコミでは「平成の駆け込み寺」として紹介されております。


PTA会長 室町和徳
 
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
全国高等学校PTA連合会大会 福井大会
全国高等学校PTA連合会大会 福井大会
大会期日:平成26822日〜23
開催地:福井県福井市他
 
第64回全国高校PTA連合会大会福井大会が開催され、竹園高等学校からは、井坂校長、長谷川先生、改田書記、室町が参加してきました。
全国からPTA関係者約1万人が集まり盛大に開催されました。
「教育と考福(こうふく)」をメーンテーマとして、脳科学者茂木健一郎氏の基調講演や研究発表、分科会が行われ、「子どもの幸せのために何ができるか」を考えました。
 

開会式では、全国高P連の佐野元彦会長があいさつや来賓として出席した下村博文文部科学相は「全国トップレベルの福井の学力は、正しい生活習慣や家族の支えがあるから。『幸福』の視点は大切で、日本の高校生の自己肯定感を高めたい」と話されました。
 


また、基調講演で、茂木先生は「幸福とは何か、脳科学では答えが見え始めた」との話があり、失読症ながら活躍するハリウッド俳優や弁護士を引き合いに「彼らは文章を理解しづらいが、人の話を聞く能力はものすごくある。自分の個性を受け入れるところに幸福の鍵がある」と分析されておりました。
 

【番外編:現地研修会】
茨城県P連主催で、白川郷の視察にも行って来ました。
別世界でした。


平成268月25
竹園高等学校PTA会長 室町和徳
 
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
関東地区高等学校PTA連合会大会 群馬大会
関東地区高等学校PTA連合会大会が群馬県で開催され、竹園高等学校からは、柏教頭、長谷川先生、永翁副会長、室町の4名で参加しました。
 

 
初日は、全体会としてALSOKぐんまアリーナで行われました。
全体会開催前に、アトラクションとして群馬県新島学園高等学校聖歌隊による「ハンドベル」と、群馬県立高崎高等学校和太鼓部の演奏がありました。到着時間が遅れたため、ハンドベルの演奏は残念ながら聴くことは出来ませんでしたが、和太鼓の力強い演奏を聴くことが出来始まる前から大変満足でした。
 

記念講演では、声楽家の安田祥子さんの「残したし 伝えたい 日本の歌」と題し、歌を交えた講演を拝聴しました。安田さんは皆さんご存知のように、由紀さおりさんと姉妹です。
 

安田さんのトークと素敵な歌声に、時間の経つのも忘れてしまいました。
特に、1月から12月それぞれの月を代表する歌(例えば、1月はお正月の歌・・)を聴いたり、会場の参加者全員で「大きな歌」を、手話を交えて歌ったこと等貴重な体験が出来ました。
 
平成26710
竹園高等学校PTA会長 室町和徳
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
平成26年度 県西地区高等学校PTA連絡協議会評議員会
612日に県西生涯学習センターにおいて平成26年度「県西地区高等学校PTA連絡協議会評議員会」が開催され、井坂校長、長谷川先生、井上副会長、秋葉会計、室町の5名で出席してまいりました。
 


会議終了後に、元シンクロナイズスイミングで活躍された武田美保さんが講師で「家族の支え・家族の大切さ」と題して、講演が行われました。
残念ならが写真撮影は禁止なので、武田さんの講演の様子はアップ出来ませんので、ご了承ください。


 
武田さんの講演では、シンクロの選手として大成していくには家族の支えは欠かせないものであった。特にいつも心の支えとなった母の言葉がなければ、オリンピックでのメダル獲得は無かったそうです。
この講演を聴いて、私たち保護者としては、子供に対する接し方等を得ることが出来たと思います。
家族の大切さ、子供とのコミュニケーションの大切さを再発見出来ました。
 
平成26612
竹園高等学校PTA会長 室町和徳
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
竹園地区さわやかマナーアップキャンペーンの実施
竹園地区さわやかマナーアップキャンペーンの実施

62日の早朝において、PTA生徒指導委員会、本部役員、高校教諭、生徒代表合同であいさつ運動を実施しました。
通常であれば、竹園地区の幼稚園、小学校、中学校と合同で行う所でしたが、他の学校と日程が合わず今回は、竹園高等学校が単独で行いました。
正門にて登校する生徒に対して「おはよう」の声掛けを行いました。
 
高校生にもなると恥ずかしいのか、大きな声であいさつをなかなかしてもらえないようでした。
人とのコミュニケーションは、あいさつから始まるので、もっと元気にあいさつをしてもらいたいものです。


平成2662
竹園高等学校PTA会長 室町和徳
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
竹園地区さわやかマナーアップキャンペーンの実施
62日の早朝において、PTA生徒指導委員会、本部役員、高校教諭、生徒代表合同であいさつ運動を実施しました。
通常であれば、竹園地区の幼稚園、小学校、中学校と合同で行う所でしたが、他の学校と日程が合わず今回は、竹園高等学校が単独で行いました。
竹園高等学校の正門にて登校する生徒に対して「おはよう」の声掛けを行いました。
 
高校生にもなると恥ずかしいのか、大きな声であいさつをなかなかしてもらえないようでした。
人とのコミュニケーションは、あいさつから始まるので、もっと元気にあいさつをしてもらいたいものです。

平成2662
竹園高等学校PTA会長 室町和徳
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
平成26年度 茨城県高等学校PTA連合会総会

 
茨城県内の高等学校のPTA役員が一同に会して、平成26年度の「茨城県高等学校PTA連合会総会」が小美玉市四季文化館「みの〜れ」にて行われました。
竹園高等学校PTAからは、井上副会長、井坂校長、長谷川先生、室町の4名で参加しました。
 
当日は、茨城県教育庁生涯学習課長をはじめとする来賓の方々にご出席を頂きまして開催されました。
 
総会では、平成25年度の事業報告及び決算が承認され、また、平成26年度事業方針・計画、予算が議決されました。
 
総会後には、リクルートマーケティングパートナーズの山下真司先生を講師に迎え「社会・企業が求めるこれからの人材像〜生きる力を育むキャリア教育〜」と題して講演を頂きました。
講演の中で、親の子供に対する接し方でアドバイスを頂きましたので、ご披露します。
 


vs息子 → 距離感を保ち、過支配にならない
vs娘  → 娘に無視されても、ぐっと耐えましょう
vs息子 → 息子以外に趣味や生きがいを見つけましょう
vs娘  → 仲良く見えても、娘が母親に合わせていることもあり!
 
非常に残念なことですが、皆さん誰もが、納得するのでは・・・
 
平成26530
竹園高等学校PTA会長 室町和徳
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
平成26年度 竹園高等学校PTA総会が開催されました
この度PTA会長を仰せつかりました、室町和徳です。
1年間よろしくお願いします。

さて、過日平成26年5月10日にPTA総会が開催され、全ての議案が承認されました。
本部役員及び専門委員共々、頑張ってまいりますのでよろしくお願いします。



【以下 PTA総会の概要】

開催日時 平成26年5月10日(土)10時〜11時30分
場所 竹園高校 体育館

1 総会出席者数
会員数1,000名に対し、577名の出席と423名の委任状。
定足数を満たしており本総会は有効とみなされた。

2 PTA会長あいさつ
井形会長より

3 校長あいさつ
井坂校長より以下のお話しを頂いた。
・学校経営方針について
・大学入試結果について
・部活動について
・特色ある学校づくり推進事業について
・茨城版サイエンスハイスクール事業について
・スクールカウンセラーについて
・学習館開館について
・土曜講座について

4 議長選出
・井形PTA会長が選出された。

5 議事
第1号議案
平成25年度PTA事業報告
→可決
第2号議案
平成25年度PTA会計決算報告並びに監査報告
→可決
第3号議案
平成26年度PTA本部役員選出
→可決
・旧役員の挨拶
・新役員の紹介。新PTA会長室町さんよりあいさつ。

これより議長は井形氏より室町新会長に交代

第4号議案
平成26年度PTA事業計画
→可決
第5号議案
平成26年度会計予算
→可決

出席者より以下の質問があった
・国際交流基金の予算がみあたらない事への指摘
→荒木事務局長より、基金という性質上収支の予算化ができない旨
の回答があった。
・校内の無線LAN化について質問があった
→荒木事務局長より、校内の情報通信ネットワークについては県の
セキュリティ基準に従っており現状では有線LANとなっている
との回答があった。
第6号議案
PTA会則第24条一部改正
→可決

6 その他
・スクールカウンセラーあいさつ
・災害時の学校の対応等について

7 報告
・進路指導関係について
・生徒指導関係について
・国際科関係について
・学校諸納入金口座振替について

以上
| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
第63回全国高等学校PTA連合会大会 山口大会 参加報告

8月22日山口市で開催の全国大会に参加させていただきました。高校から笹目校長先生、長谷川先生、本部役員から井形会長、室町副会長、渡辺の計5名での参加となりました。

山口大会集合写真

大会テーマを「夢から志へ、たくましく生きるチカラを育むために、今、私たちができること」に、全国から約1万人の関係者が集まりました。
会場の収容可能人数の関係で、参加者は県スポーツ文化センターをメインに7つの会場に分散し、進行はメイン会場からの映像を中継する形でした。

午前の開会式では、地元選出の安倍総理のビデオメッセージ、続いての下村文部科学大臣の基調講演では「日本の教育の再生」と題し、今後の政策に教育再生を最重要課題の一つとして注力していくと共に、公立高も各校が特色を出していく必要性を示すお話でした。

山口大会安倍総理

午後は各会場での分科会で、竹園高校5名が入った市民会館では、県内の酒蔵「旭酒造株式会社」桜井社長の記念講演でした。日本酒国内販売量がここ数十年で他アルコール飲料に押され、経営危機に陥った中、社員と知恵を絞り試行錯誤しながら、付加価値のある日本酒を独自に開発、ピンチをチャンスに変え会社を建て直した、というお話でした。

次は「進路指導とPTA〜キャリア教育と進路指導」をテーマに5つの高校のPTA会長が各取組を発表しました。続いて大学の先生を交え、更に会場からの質問を受け、熱心な討議が時間ギリギリまで繰り広げられました。

閉会式では、重みのある大会旗が、来年度第64回主催の福井県PTA連合会へ渡され、この全国大会の長い歴史を感じました。

宿泊先は山口県内に確保出来ず、北九州市黒崎でした。会場、ホテルと空港間のバス移動で、渋滞の関門海峡を計5回越えるうち、図らずもバス内が他校との交流の場となりました。

高校教育に求められるものが、時代と共にスピードを上げて変遷していることを考えさせられました。このような貴重な機会をいただき、今後の活動に生かして参りたいと思います。

竹園高校PTA副会長  渡辺芳江

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
<new | top | old>