竹園高校PTAホームページ

茨城県立竹園高等学校PTAのページです
ご意見・ご要望等は info@takekopta.org までお寄せ下さい
LINKS
サイト内検索
携帯用QRコードqrcode
Adobe Readerが必要なpdfファイルがあります。最新版をダウンロードするには下のバナーをクリックして下さい。
Get Adobe Reader
<< 平成30年度進路セミナーを開催しました −セミナー委員会− | main |
平成30年度進路セミナーを開催しました −セミナー委員会−

「産婦人科医という仕事」

講師 筑波大学 医学医療系総合周産期医学(筑波大学附属病院産婦人科)准教授 小畠真奈氏 

産婦人科医として、様々な出産に携わってこられたご経験と、研究面での豊富な知識をお持ちでいらっしゃいます。

仕事を通じて得られたやりがいや、夢などを、時折ご自身の高校生活を振り返りながらご講演いただきました。

聡明で穏やかな語り口に、生徒たちは、真剣に耳を傾けていました。

【生徒の感想】

*産婦人科医に対して、妊娠・出産時期の女性を診察する医師というイメージしか持っていなかったが、女性の一生に関わる医師であると知った。

*自分がやりたい事、興味がある事、やりがいを感じる職業に就きたいと思った。

*「資格とは、単なる食いぶちではなく、その職業の道を生きる覚悟の証である」という言葉が、より印象に残った。

*産婦人科医の他に、大学や大学院の話を沢山していただき参考になった。

*想像していた医師像と、全く違っていた。臨床医だけでなく、研究者としての道もあり、興味が湧いた。

*産婦人科医になった事に、今まで一度も後悔がない、というのが素晴らしいと感じた。

*一つしかない命の重大さ、尊さを感じる事ができた。

*私も将来、先生のように誰かを助けられる人になりたいと思う。自分の夢をつかむために、あきらめないで頑張り続けたいと思う。

*どんな出産でも、感動しないものはないという産婦人科は、とても魅力的な職業だと思った。

セミナー委員会

| category 専門委員会 | posted by 竹園高校PTA |