竹園高校PTAホームページ

茨城県立竹園高等学校PTAのページです
ご意見・ご要望等は info@takekopta.org までお寄せ下さい
LINKS
サイト内検索
携帯用QRコードqrcode
Adobe Readerが必要なpdfファイルがあります。最新版をダウンロードするには下のバナーをクリックして下さい。
Get Adobe Reader
<< つくば中央支部夏季支部会を開催しました | main | 樟の木第78号を発行しました - 広報委員会 - >>
平成30年度 関東地区高等学校PTA連合会大会 栃木大会

去る7月6-7日の二日間、上記大会の全体会と分科会に足立校長、笹平先生、本部井形会長、須山さん、皆川の5名で参加しました。

 本大会のメインテーマは、「考え、行動につなげよう」〜変化の激しい社会に生きる子どもたちの社会的自立を支える者として〜です。関東地区高等学校PTA連合会会長の挨拶の中で「子供は親の言うことは聞かないが、親がやることはやる」とありました。会場中が納得。言い聞かせるより、簡単かもしれないです。


1日目 全体会
宇都宮市にあるマロニエプラザに入ると、ご当地ゆるキャラ3人が迎えてくれました。写真左から、とちまるくん(栃木県)、ミヤリー(宇都宮市)、日光仮面(日光市)。

ゆるキャラと一緒

写真1 ゆるキャラと一緒

全大会会場

写真2 全体会会場

 栃木県をアピールするメニュー(餃子・イチゴ大福)のお弁当をいただきながら、栃木県立黒羽高等学校黒羽太鼓部の皆さんの迫力ある太鼓演奏、同県立宇都宮南高等学校吹奏楽部の素晴らしい演奏を楽しみました。

お弁当s

写真3 お弁当

 記念講演は日光東照宮特別顧問、高藤晴俊氏による「世界文化遺産日光東照宮の謎と真実」、東照宮の建物や彫刻についての内容でした。歴史の話にそれ程興味のない私ですが、どんどん高藤ワールドへ引き込まれ、あっという間の90分でした。東照宮陽明門の動物や子供の彫刻は命の大切さや平和への願いを表しているというお話がとても印象に残りました。


2日目分科会

分科会会場

写真4 分科会会場

 日光市の鬼怒川温泉駅前にある藤原総合文化会館にて、第1分科会(学校教育とPTA)に参加しました。

テーマを「確かな学びと課題解決の実践的能力を身につける教育の推進を支援する」とし、千葉県立姉崎高等学校、茨城県立友部高等学校のPTA活動に関する発表を拝聴しました。「PTAは誰のためにあるのか」を考えて行動するように心がける、「すべては生徒のために」など、生徒への熱い思いが伝わる内容でした。今一度気を引き締めてPTA活動を頑張ろうと思いました。

 閉会の言葉の中で、「日本の子供たちは諸外国と比べて自己肯定感が低い。保護者は子供に対して何でもかんでも怒らず、小さなことでも褒めて、自己肯定感を高めてあげるよう努めてください」とありました。前出の会長の言葉「親の言うことは聞かないが、やることはやる」と一緒に実践していきたいと思います。

盛沢山の内容で、とても勉強になりました。参加させて頂き、ありがとうございました。
来年度は埼玉県(大宮ソニックシティ)で開催されます。

本部  皆川
 

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |