竹園高校PTAホームページ

茨城県立竹園高等学校PTAのページです
ご意見・ご要望等は info@takekopta.org までお寄せ下さい
LINKS
サイト内検索
携帯用QRコードqrcode
Adobe Readerが必要なpdfファイルがあります。最新版をダウンロードするには下のバナーをクリックして下さい。
Get Adobe Reader
<< 樟の木 第76号を発行しました | main | 第67回全国高等学校PTA連合会大会静岡大会 >>
第63回関東地区高等学校PTA連合会大会

神奈川大会

平成29年7月7日(金)全体会、パシフィコ横浜大ホールにて

平成29年7月8日(土)分科会、パシフィコ横浜503室にて

「第63回関東地区高等学校PTA連合会大会」に 上記日程にて参加してまいりました。

本校参加者は学校から足立校長、笹平先生、PTA本部から副会長の井形さんと皆川。

両日ともにうだるような暑さとチリチリ焼けるような日差しの中、総勢4500名の会員を安全に誘導し運営していた神奈川地区の役員皆様には感謝しきりでした。

神奈川大会2

 

 本大会のメインテーマは

「心ふれあう しなやかな 人づくり 〜学び行動するPTA〜」。

しなやかと聞いて竹園のRHIZOMEを思い出しました。

親子ともにしなやかさが重要ということでしょうか。

 

全体会

神奈川県の黒岩知事が来賓として列席。

来賓挨拶での「いのちが輝くように…」と言う言葉が印象的でした。普段何気なく子供と接し、ただ成長を見守っている怠惰な自分に気付かされました。

記念講演は、フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんでした。

「聞くちから、話すちから」というテーマで司会の方(フリーアナウンサー石川みゆきさん)とインタビュー形式で行われました。お話の中で、「勉強よりも野球部で頑張っていた高校時代、そこで関わった先生など大人の言葉が一番心に残っていて影響を受けていると思う。今この会場にいる皆さんはその大事な高校生と接していることを気にしてください。」とありました。高校生ともなると自分でいろいろ出来てしまう分、長い育児期間で一番雑に扱ってしまいがちです。黒岩知事のお話も重なって、もっと気を引き締めなくてはと反省しました。

アナウンサーの仕事は「話す」よりも「聞くこと」だそうです。相手の言いたいこと、良いところを上手く引き出すため、話をよく聞いて質問し進行する。親子関係も然り…。

最後に「今後どうしたいか」との質問に「現状維持」と答えたのがとても印象的でした。「人生は下りのエスカレーターにいるようなもの。現状維持するには歩み続けること」という考え方だそうです。常に前進、努力しないといけない。自分の成長を諦めている私も今から頑張らなくてはと考えさせられました。

 

分科会  第1分科会〜第6分科会に分かれ、各PTA活動の発表や講演、パネルディスカッションが行われました。本校は第6分科会に参加しました。 第6分科会のテーマは「自己肯定感とは何かを学び、やる気の育成を支援する」。

講師は蠹豕個別指導学院の先生方。お二人の先生の講演の間に保護者の悩み相談会を挟んだ3部構成で、とても内容の濃いものでした。

 

第一部「自己肯定感と自己効力感、高校生のやる気と親心」(講演)

子供にやる気を出させるには、自己肯定感と自己効力感が必要だそうです。

「自己肯定感」とは、自分は誰かに必要とされていると自己を肯定できる感情のこと。「自己効力感」は自分はやればできるという成功体験の積み重ねから生まれる感情のこと。特に前者は、親が子供をほめる、ありがとうと言葉で伝えるなど、親の接し方で育まれるそうです。子供が日々頑張っているのですから、私たち親も子供をほめること、感謝することを探す努力をしなければと思いました。

 

第二部「保護者の皆様のお悩みを解決するリアル相談会」(パネルディスカッション)

代表の保護者(神奈川県相模原地区)からの5件の悩み相談(「勉強せずスマホばかり」「目標がみつからない」「返事しない」「高校・大学でやりたいことができなかった」「大学の受験先が決まらない」など)に先生方が回答する形式でした。 今も昔も高校生を持つ親の悩みは、親の愛情がうまく子供に伝わらないことに起因することが多いそうです。これは「思春期特有のことで、時期が来れば終わる話です。大人になってもまだ思春期という人はいませんからご安心ください」とのことでした。特に印象深かったのは「スマホは勉強時間を奪うものではない」という意見。「スマホを敵視することは逆に危険で、今の世の中スマホを使いこなせない人が社会に出ていく方が問題である」と斬新な返答がありました。スマホは取り上げるよりも、各家庭で使用ルールを決めることが得策のようです。 「人工知能の進歩発展により、人ができる今ある仕事の多くは無くなり、親世代の知らない仕事に子供たちは就く。先が見えないため子供は不安でいっぱいです。自己肯定感・自己効力感を忘れずに諦めずにありがとうの言葉を言ってあげてください」とのことでした。

 

第三部「自分らしさを磨く、『5つの習慣』」(講演)

この講演では、私たち親の習慣を見直し、より良く過ごすためのヒントを頂きました。 習慣とは無意識にできること。以下の習慣が無意識にできるようになったら、今よりもっと充実した毎日を過ごせるかもしれません。是非お試しください。

自分の目標を設定する。

自分の「できること」から今すぐ始める。

自分の「なぜ?」を振り返る。

自分の「気づき」を財産にする。

「ありがとう」を伝える。

 

*自分らしさを磨く「5つの習慣」は、株式会社東京個別指導学院代表取締役社長 齋藤勝己さんの著作物です。「文化庁著作権登録制度 登録番号 第37787の1」により保護されております。

,砲弔い討藁磴┐弌一日一個我が子のほめるところを探す。

については例えば、子供への言葉で通じた理由、通じなかった理由を考える。

い砲弔い討蓮⊃佑亘困譴詛塾呂鬚發辰討い襪里如⊆蠶△暴颪など自分を主語にして意識して覚えておく。

イ砲弔い討蓮屬△蠅とう」を言ってもらった子は言えるようになる。それはとても幸せなこと。「ありがとう」と「人生の幸せ」は比例関係にある。などの説明がありました。

 

お弁当1お弁当2

* * 関東大会のお弁当 * *  全体会の受付後、配布されたお弁当を美味しくいただきました。  毎回、担当地区の県アピールを考えた名産品が入っています。今年は神奈川県だったので、横浜のシウマイ、三崎のまぐろ生姜煮・芽ヒジキ、小田原の蒲鉾・梅干しなど、盛り沢山でした。  来年度開催地区は、栃木県です。こちらも楽しみです。 (報告、本部副会長 皆川智子)

| category 役員から | posted by 竹園高校PTA |