竹園高校PTAホームページ

茨城県立竹園高等学校PTAのページです
ご意見・ご要望等は info@takekopta.org までお寄せ下さい
LINKS
サイト内検索
携帯用QRコードqrcode
Adobe Readerが必要なpdfファイルがあります。最新版をダウンロードするには下のバナーをクリックして下さい。
Get Adobe Reader
<< 石岡支部 夏季支部会を開催しました | main | 樟の木 第72号を発行しました! >>
第61回関東地区高等学校PTA連合会大会


 総会      平成27年7月8日(水)オークラフロンティアつくば
 全体会・分科会 平成27年7月9日(木)つくばカピオ
                     サイバーダインアリーナ

 全大会の報告です。
 井坂校長、大森教頭、酒寄先生、永翁会長、塚本副会長、原田会計監査、副会長の浅野で参加しました。
 関東地区各地から(山梨県、神奈川県、栃木県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県)から2500名の関係者が参加しました。今年は茨城県で開催され、外には物産展なども並びました。

 開会のことば、主催者挨拶の後に表彰や感謝状贈呈がありました。

 大会宣言文の中にもあった『ソーシャルネットワーク、コミュニケーション能力』、また、挨拶なさった方々のスピーチの中に『選挙権年齢が18歳以上、少子高齢化社会、大学改革』などの言葉が印象に残り、今、キーワードになっていると思いました。

 次回開催県は山梨県となりました。

 記念講演では、「つくばから未来へ」重介護ゼロ社会への挑戦と題して、山海嘉之先生の講演会でした。
 もうこれは、一言で感想も報告も出来ないほどの深い物でした。涙ぐんでしまう場面が何度かありました。例えば、生後8ヶ月の時にポリオに感染してしまい、50年歩けなかった方がロボットスーツHALを装着すると、立ち上がり歩きだしました。うまく歩くことの出来ない女児がHALを装着すると介助なしに歩くことができました。スクリーンの中には夢が広がり、理系文系両方を必要とする先生の研究が見えました。
 また、茨城県高等学校PTA連合会、副会長の謝辞がとても素晴らしく、そして、ユニークであなたの夢は何でしたか?と問われているようでした。
 非日常的な場所に身を置き、山海嘉之先生のご講演に吸い込まれた、全大会でした。
                                                (報告、副会長浅野)

関東大会お弁当

 お昼は、総会で用意いただいたお弁当を大清水公園でいただきました。本来ならサイバーダインアリーナ内の指定の場所で頂く予定でしたが、あまりの数の参加者のため、外でいただくことに。この日の朝はあいにくの小雨でしたが、お昼には止んでいたため助かりました。

関東大会全大会

 さて、午後は竹園高校PTAは第二分科会に参加いたしました。この分科会のテーマは「進路指導とPTA」であり、千葉県立成東高校と茨城県立水戸第三高校の進路指導に関する取り組みが約25分ずつ紹介されました。成東高校は、私たちの世代なら多くの人が知っているであろう、元中日ドラゴンズの鈴木孝政投手の出身校で、最近、甲子園出場経験がある学校、方や水戸三高は女子が圧倒的多数を占める家政科と音楽科を有する学校ということで、カラーがまったく違う2つの高校の進路指導の現状や取り組みのポイントが紹介されました。校風は違っても、学校や家庭がどのように教育や進路指導に関わるか、その本質は同じで、『子どもの自主性を重んじ、学校と家庭はその実現を応援する』様子がひしひしと伝わりました。
                                                (報告、会長永翁)
 
| category 役員から | posted by 竹園高校PTA |