竹園高校PTAホームページ

茨城県立竹園高等学校PTAのページです
ご意見・ご要望等は info@takekopta.org までお寄せ下さい
LINKS
サイト内検索
携帯用QRコードqrcode
Adobe Readerが必要なpdfファイルがあります。最新版をダウンロードするには下のバナーをクリックして下さい。
Get Adobe Reader
第69回全国高等学校PTA連合会大会京都大会

822日(木)、23日(金)の2日間、京都市勧業館みやこめっせ及び併設のロームシアター京都で開催された標記大会に、柏校長先生、渉外部の笹平先生、市毛会計、須山会計監査、米徳の5名で参加しました。

 

メインテーマは「Kyoから!未来を拓く」。「Kyoから」には、「京都の地から」、「大会の今日から」、「共に協力して」、「(家庭)教育から」などの思いが、また「未来を拓く」」には、これまで蓄えてきた財産を元に、子どもたちの未来や今後のPTA活動を創り上げるきっかけとなる大会にしてほしいとの願いが込められています。このメインテーマのもと、恒例の式典行事やアトラクションに加えて、6つの分科会(1日目に同時進行)、記念講演(2日目)が行われました。

第1分科会講師の永田和宏先生は、京都産業大学タンパク質動態研究所所長でありながら、歌人としての功績も著名な方です。二足の草鞋を履く先生から、笑いもあり終始和やかな雰囲気の中、実に興味深い基調講演をいただきました。

高校までの教育では、答えが1つのみの問題に答えられる能力を「学習(学んで習得する)」します。一方で大学では、「答えが一つである問題は社会に存在しない」ことを教え、「何がまだわかっていないのか」に気づいたうえで「如何に正しく答えられるか、問うことが出来るか」という能力を培います。即ち「学習から学問へ(学んで、問い直す)」です。現代教育の過程で、このギャップに戸惑い、時には挫折を味わう生徒も少なくないのではないかと感じました。(余談ですが、先生の著書「知の体力」には、学問をする意味『正解のない世界で想定外への対処をする』が記されており、諸所の入試問題に頻出のおススメ本らしいです。) その上で「才能・能力とは何か」にも触れられ、「正しく答えられることより、正しく問えること」(問題解決能力vs問題発掘・提示力)とコメントされたのが印象的でした。私も一企業人ですが、確かに後者の能力を備えた人材を重宝すると感じます。同時に、このような学問の入口が「探Q」であり、大学或いは社会へと羽ばたく生徒たちの根となる能力を培っているとのを確信を持ちました。

 

「学校教育・家庭教育に思うこと」と題した永守重信先生(日本電産CEO兼永守学園理事長)の記念講演では、偏差値とブランド志向を重視した現代教育の在り方に異論を唱え、「英語力」「専門教育」「人間教育」を柱とした大学教育を行うべき、と説いておられました。御年74歳となられる先生のバイタリティとユーモアたっぷりの講演に参加者一同圧倒され、その元気の源が「理想(いまも自ら実行すべき50年計画を立てておられる!)」「自分の人生を信じる力」とコメントされていたのが印象的でした。

 

その他、前日移動日を利用した京都大見学(『吉田寮』や掲示板の書き込みに京大らしさを感じた)や清水寺散策(昼食は『順正』の豆腐会席!)、県P連懇親会での各校出席者との親睦(注:簡単な学校紹介をやらされます)と、とても有意義な日程を過ごすことが出来ました。

次年度は8/20(),21()に島根で開催されます。

 

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
第65回関東地区高等学校PTA連合会大会報告

65回関東地区高等学校PTA連合会大会報告

 

 令和元年712()及び13()、大宮ソニックシティにおいて、埼玉大会が開催され、横瀬副校長、松本教頭、笹平渉外部長、米徳副会長、岡崎の4名で参加いたしました。以下に簡単に報告いたします。

 

メインテーマ:

絆を深め、新しい時代を担う子供たちを育てよう~令和の夏、学び続けるPTAの熱い風が吹く〜

 

サブテーマ:

1. 変化の激しい社会において、個性を生かし、社会貢献できる人材を産む教育を支援する

2. 主体的・対話的で深い学びをとおして、子どもたちの夢の実現を目指す教育を支援する

3. ルールやマナーを守り、思いやりの心を育てる教育を支援する

4. 学校・地域が連携して、家庭の教育力を高め、親子の絆を深める教育を支援する

5. 子供たちの「命」を守る教育を支援する

 

1. 712() 全体総会 

開会のことば、関東地区PTA連合会会長挨拶、来賓紹介、来賓祝辞、自己紹介、議長選出、議事(64回関東地区大会決算報告、平成30年度事業報告、決算報告、令和元年度役員選出、令和元年度事業計画、令和元年度予算案審議等)、事務連絡、閉会の言葉

 

2. 712日 記念講演「夢が生きる力になる」

  講師:向井亜紀 氏

 

3. 713() 分科会

 第5分科会「HUGをやってみた(県立越谷南高等学校PTA)参加。HUGとは『避難所運営ゲーム』の意で、出される課題をグループで協力しながら、対応していくカードゲームです。

実際に災害時に避難場所となった場合の問題点・対応をイメージするもので、大人も生徒も避難所のイメージを持つことができ、運営側の大変さが実感できた、自分も一被災者である状況下でも他人を思いやる心の大切さ等が確認できたそうです。

 

個人的には、東京を除く関東地区のPTA活動の内容、また、非常に多くの関係者が熱心に取り組まれている姿に感銘を受けました。また、向井亜紀氏の講演が大変面白かった。

 来年度は群馬県高崎市で開催されます。

 

                       竹園高校PTA会長 岡崎義光より報告

 

 

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
平成31(2019)年度茨城県高等学校PTA連合会総会報告

平成31(2019)年度 茨城県高等学校PTA連合会総会報告

 

 令和元年523(), 小美玉市四季文化館「みの〜れ」において、茨城県高等学校PTA連合会総会が開催され、横瀬副校長、笹平渉外部長、米徳副会長、岡崎、感謝状受賞者である井形前会長、皆川前副会長の6名で参加いたしました。以下に簡単に報告いたします。

参加者321

1. 開会行事:

開会の言葉、会長あいさつ、来賓祝辞、来賓紹介

 

2. 講演「人工知能の現在とこれから〜人工知能は社会をどのように変えていくのか〜」

  講師:工学博士 松田雄馬 先生

 

3. 議事:

平成30年度事業報告、決算・監査報告、

平成31年度事業方針・事業計画、予算、役員選出、新旧役員代表挨拶

 

. 感謝状贈呈式、閉会の言葉 

 

 人工知能(AI)に関する講演では、人工知能は、単なる道具であり、人間を代替することは永遠にできず、道具は、人間が使ってはじめて意味をなします。人工知能があるから学ぶ必要がなくなるのではなくて、自ら幅広い知識を学ぶ力、自ら生きる力を養うことが、より一層重要となることを感じました。

また、平成31(2019)年度の事業計画、予算、新役員等は、拍手を以て了承されました。

最後に、感謝状贈呈式があり、井形前会長、皆川前副会長に感謝状の贈呈がありました。

井形前会長、皆川前副会長の多大な努力に心から深謝申し上げます。

個人的には、茨城県のPTA活動の内容、また、非常に多くの関係者が熱心に取り組まれている姿に感銘を受けました。

 

                       竹園高校PTA会長 岡崎義光より報告


 

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
竹園高校創立40周年記念事業第7回実行委員会が開催されました

概要:

竹園高校創立40周年記念事業第7回実行委員会が開催され、40周年事業の事業報告が行われ、今回をもって実行委員会としての活動を終了することが宣言されました。

主な議題:

1. 実行委員長あいさつ

2. 同窓会長あいさつ

3. 校長あいさつ

4. 議事

(1) 創立40周年記念事業概要報告

生徒・教職員1008名、実行委員19名、来賓・保護者・同窓会・旧職員93名で盛会であった。

高等学校PTA連合会に会誌掲載する目的で実施概要の情報を提供した。

(2) 創立40周年記念事業決算及び鑑査報告

(3)その他

  次回の50周年事業開催に向けた意見交換を行った。

5. 実行委員会の解散宣言

開催日時:

平成30年11月17日(土) 10:00-11:00 竹園高等学校・会議室

出席者(敬称略):

井形(実行委員長) 中島(同副委員長) 足立(同副委員長) 中野(実行委員会計) 須山(委員会会計) 渡邉(PTA会計) 石塚(委員会監査) 坂入(総務) 笹平(総務) 野村(委員会会計)  皆川(PTA副会長) 大城(PTA副会長) 岡崎(PTA副会長) 川嶌(PTA書記) 小林(PTA書記) 島田(PTA書記)

//

本部 島田

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
平成30年度県西地区高等学校PTA指導者研修会

平成301019()に、県西生涯学習センター(筑西市)において、PTA指導者研修会が開催され、足立校長、笹平渉外部長、井形会長、岡崎の4名で参加してまいりました。

 この研修会は、県西地区の高校(30)の先生方、PTA役員が参加し、PTA活動の在り方、課題等についての情報交換を主な目的として開催されております。

 

 全体会での開会式の後、4つの分散会に分かれて、各学校のPTAの活動状況・課題、今後の取り組み等について発表と質疑、助言者から助言を頂くスタイルで進められました。分散会での議論の後、全体会で、各分散会での発表・質疑の内容等についてのまとめがあり、最後に全体について助言者から助言がありました。

 竹園高校は、第3分散会に参加して、井形会長が、本年度のPTA活動の内容、特徴、40周年記念式典等について報告しました。特徴としては、学園都市の中心部にあるため、セミナー等の内容が充実しており、生徒の進路選択に役立っていることを話しました。苦労が多いかもしれないが、継続して頑張って頂きたい旨の助言を頂きました。

 

 PTA活動の在り方は、各学校に応じて特徴的に進められ、頑張っているPTAの状況を感じることができました。一部の保護者が頑張っているところもあり、PTA全体に輪を広げることが課題でもあります。PTA活動の充実は、子どもの成長のためになることを認識できました。最後に、このような場で状況報告できるのは、関係者各位の日頃の努力の成果であり、関係各位に感謝して報告を終わりたいです。

本部 岡崎

 

 

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
嫩竹会土曜講座視察 報告

9月8日(土)、足立校長先生と坂入先生にご案内いただき、嫩竹会役員7名で1,2学年の土曜講座を視察しました。

 アクティブラーニング形式の授業が1クラスだけだったためか、全体的に静かな印象でした。生徒達の出席率も良く、熱心に学習する姿勢には感動すら覚えました。

土曜講座の目的は以下の4点です。

1.土曜日を有効活用して、平日と連動した休日の学習スタイルを確立する。

2.限られた授業時間内では扱うことのできない学習内容を学ぶ。

3.授業で学んだ内容を更に深めた学習をする。

4.学習習慣の定着を図る。

内容は先生方にお任せしており、教科は英語・国語・数学が主です。

今年度は、1,2学年が12日間、3学年は4日間(夏休み以降、模試が多くなるため少ない)を予定しています。

 今回の視察では、通常授業を補うため、またより深めるために先生方がしっかり準備してくださっていることや、それに応える生徒たちの学習意欲の高さも感じられ、土曜講座の有用性を確認できました。

 本視察にご協力いただいた先生方、ありがとうございました。

嫩竹会 皆川智子

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
樟の木第78号を発行しました - 広報委員会 -

すでに皆様のお手元に届いているかと思いますが、

樟の木第78号を発行いたしました。

 

毎年恒例の教職員紹介や、尚志祭・クラスマッチの記事のほか、

今回は、校長先生・PTA会長へのインタビュー、竹高生アンケートなど、

大変読み応えのある内容となっております。

 

ぜひ、ご家族皆様でご覧いただければと思います。

 

広報委員会

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
平成30年度 関東地区高等学校PTA連合会大会 栃木大会

去る7月6-7日の二日間、上記大会の全体会と分科会に足立校長、笹平先生、本部井形会長、須山さん、皆川の5名で参加しました。

 本大会のメインテーマは、「考え、行動につなげよう」〜変化の激しい社会に生きる子どもたちの社会的自立を支える者として〜です。関東地区高等学校PTA連合会会長の挨拶の中で「子供は親の言うことは聞かないが、親がやることはやる」とありました。会場中が納得。言い聞かせるより、簡単かもしれないです。


1日目 全体会
宇都宮市にあるマロニエプラザに入ると、ご当地ゆるキャラ3人が迎えてくれました。写真左から、とちまるくん(栃木県)、ミヤリー(宇都宮市)、日光仮面(日光市)。

ゆるキャラと一緒

写真1 ゆるキャラと一緒

全大会会場

写真2 全体会会場

 栃木県をアピールするメニュー(餃子・イチゴ大福)のお弁当をいただきながら、栃木県立黒羽高等学校黒羽太鼓部の皆さんの迫力ある太鼓演奏、同県立宇都宮南高等学校吹奏楽部の素晴らしい演奏を楽しみました。

お弁当s

写真3 お弁当

 記念講演は日光東照宮特別顧問、高藤晴俊氏による「世界文化遺産日光東照宮の謎と真実」、東照宮の建物や彫刻についての内容でした。歴史の話にそれ程興味のない私ですが、どんどん高藤ワールドへ引き込まれ、あっという間の90分でした。東照宮陽明門の動物や子供の彫刻は命の大切さや平和への願いを表しているというお話がとても印象に残りました。


2日目分科会

分科会会場

写真4 分科会会場

 日光市の鬼怒川温泉駅前にある藤原総合文化会館にて、第1分科会(学校教育とPTA)に参加しました。

テーマを「確かな学びと課題解決の実践的能力を身につける教育の推進を支援する」とし、千葉県立姉崎高等学校、茨城県立友部高等学校のPTA活動に関する発表を拝聴しました。「PTAは誰のためにあるのか」を考えて行動するように心がける、「すべては生徒のために」など、生徒への熱い思いが伝わる内容でした。今一度気を引き締めてPTA活動を頑張ろうと思いました。

 閉会の言葉の中で、「日本の子供たちは諸外国と比べて自己肯定感が低い。保護者は子供に対して何でもかんでも怒らず、小さなことでも褒めて、自己肯定感を高めてあげるよう努めてください」とありました。前出の会長の言葉「親の言うことは聞かないが、やることはやる」と一緒に実践していきたいと思います。

盛沢山の内容で、とても勉強になりました。参加させて頂き、ありがとうございました。
来年度は埼玉県(大宮ソニックシティ)で開催されます。

本部  皆川
 

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
さわやかマナーアップキャンペーンを実施しました

 

さわやかマナーアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日午前7時半より、校門前にてさわやかマナーアップキャンペーンを実施いたしました。

竹園高校、竹園東中学校の先生方、本校PTA生徒指導委員会の保護者の方々、生活委員会の生徒とともに約1時間、登校する生徒に挨拶をしました。

保護者の方々が校門に並んでいることに、登校する生徒もちょっと照れた様子でしたが、ほとんどの生徒は、小さい声で「おはようございます」とあいさつをしてくれたり会釈をしてくれました。

また、竹園東中学校に登校する生徒も恥ずかしそうに挨拶をしていく姿が微笑ましかったです。

次回は11月1日に行う予定です。

 

 

 

 

 

 

 

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
平成29年度入学式 PTA会長祝辞

 竹園高等学校新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。本日ご列席の保護者の皆さま、ご親類、ご友人の皆さま、心よりお喜び申し上げます。本日はあいにくの春の嵐となってしまいましたが、足元の悪い中多くの方にご列席いただき誠にありがとうございます。午後には雨も上がるでしょうし、桜の満開もまだこれからと聞いております。この美しい季節に皆さんをお迎えできることをうれしく感じております。

 さて新入生の皆さんは3月で中学校過程を修了し、いよいよ高校生活を始めることになります。これまでの小学校、中学校生活と高校生活が大きく異なる点が一つあります。それは高等学校教育が義務教育ではないという点です。小学校、中学校の9年間は義務教育として学校に通っていたわけですが、高等学校教育は義務ではありません。では何のために高校に通うのでしょう。いろいろなことを知りたいから? よい大学に進みたいから? 多くの友達に会いたいから? 高校に通う理由はたくさんあって、全て正解です。ただ義務教育ではない高校生活を送るうえで、一つ大事なことがあります。それは、これまで以上に自らが考えて、自分でいろいろなことを決めていかなければならないという点です。例えば、中学校までは受けなければならない授業はすでに決まっていました。でも高校に入って初めての選択は、2年生に上がってからの理系・文系選択になります。おそらく教育という観点で、皆さんが人生で初めて自分の進む道を選ぶのです。自分が将来何をやりたいのか、自分の興味は何なのか、ほんとに理系でいいんだろうか、文系でいいんだろうか、悩む人も多いでしょう。でも悩むことはある意味健全で良いことです。大事なことは自分で考え、自分で選択すること。そしてその選択に責任を負うことです。長い人生の中、選択を間違うこともあるでしょう。私自身もあの時ああしておけばよかった、こうしておけばよかったと毎日思います。でもそれが自分の選択であったならば、それと真っ向向き合うことができる。正面から向き合うことが出来れば、たとえその時の判断が間違っていたとしても、必ず解決の糸口が見えてくる。しかしそれを人のせいにしていたら、自分と向き合うチャンスすら失ってしまう。

 自分の選択に責任を持つということは、ある意味子どもから大人になるということだと思います。みなさんは今まさに大人への入口に立っています。この三年間を掛けて大人への急な階段を登っていく。不安もあれば期待もあるでしょう。自分で考え、自分で選び、それに責任を持つことはとても苦しい。人に決めてもらうのが一番楽だからね。でも苦しいからこそ、この三年間がかけがえのないものになり、そこで出会った友人が一生の友人となる。皆さんの長い人生の中で、この三年間が輝く宝物のような三年間になることを約束します。皆さんが主役です。主役の皆さんが存分に輝くことが出来るよう、我々PTAが全力で支えていくことをここに誓います。

 新入生のみなさん、ご入学本当におめでとう。皆さんの三年間に幸多からんことを祈念して、簡単ですが私からの祝辞とさせていただきます。

 

平成29年4月7日 PTA会長 植松洋彦

| category 活動報告 | posted by 竹園高校PTA |
<new | top | old>