竹園高校PTAホームページ

茨城県立竹園高等学校PTAのページです
ご意見・ご要望等は info@takekopta.org までお寄せ下さい
LINKS
サイト内検索
携帯用QRコードqrcode
Adobe Readerが必要なpdfファイルがあります。最新版をダウンロードするには下のバナーをクリックして下さい。
Get Adobe Reader
第57回関東地区高P連大会
 去る7月8日・9日と第57回関東地区高P連大会へ参加してきました!

 山崎会長、岩田教頭、北澤先生、大日方、北口の計5名で栃木県宇都宮市と日光鬼怒川へ行って参りました。関東大会は東京都を除く周辺7県で連合会が構成されており、3000人を越える参加者でした。

<第57回関東地区高P連大会 7月8日(金)>
 恒例、近隣高校による感心・感動・感激のアトラクションのあと、開会式で今大会テーマ「子どもたちの輝く未来は大人の行動から〜親として・PTAとしてできること〜」や、「生きる力と確かな学力をはぐくむ高校教育の推進を支援する」など大会宣言を確認。
 
 記念講演の講師は、栃木県宇都宮市出身、かつて深夜放送のカリスマ的存在だった落合恵子氏。テーマは「10代の感受性…子どもと大人、同時代を生きる」だったのですが、「3・11から何もかも変わってしまった…今私たちが向き合うべきことや考えなければならないことについて先ずは話したい」と断りがあり、3・11以降の活動や『学力に固執せず、時代を生き抜く力を!』について、後半は7年間の在宅介護、幼少からの葛藤や母への感謝、命の尊さ、親子の絆などについてお話になりました。講演時間は1時間半でしたが、さすがレモンちゃん。リズミカルなしゃべりと深い内容に引き込まれ心地よいひとときでした。
 
 夜は夕食を兼ね茨城県関連の参加者で大懇親会。水戸農業高校や石下紫峰高校:竹校の演劇部脚本でお世話になっている前島校長先生らと臨席に。滅多にないチャンスでいろいろなお話が聴けました。

続きを読む >>
| category 高校P研 | posted by 24年度会計 平 |
第60回高P連 全国大会 東京大会 参加記録
 書記の大日方です。

平成22年8月20日、21日に開催された、高P連全国大会に参加いたしましたので報告します。
本年度は、東京都が開催地ということで、メイン会場は武道館。記録的な猛暑の中、日本全国から元気なPTA会員のみなさんが集まりました。
我が高からは、校長先生、北澤先生と本部役員の篠崎さん、平さん、そして大日方が参加し、熱い2日間を体験しました。

両日とも、講演や分科会の合間に高校生による盛り沢山のアトラクション、吹奏楽・和太鼓・ダンス・ロックバンド、ファッションショー、どの高校も非常に水準が高く、会場はその都度興奮の渦。私も、若々しいパフォーマンスを思う存分楽しみました。

第一日目の基調講演は、トヨタ会長の張富士夫さんのお話をうかがいました。文武両道の学生時代から、法学部を出て入社後、畑違いのPR部門へ、そして用地買収を通じた地元の方々との触れ合い、生産管理から現場管理、技術者としての仕事までも体験し、物流を経てアメリカTOYOTAへ…と、あらゆる部門を経た張氏ならではの武勇伝と失敗談が大変面白く、「仕事」において実践力とコミュニケーションしようとする熱意、そしてハングリー精神がいかに必要であるか、とても良く理解できるお話でした。

以下、続きます。

続きを読む >>
| category 高校P研 | posted by 竹園高校PTA |
県西地区高P連指導者研修会の発表資料を掲載しました
10月28日の県西地区高P連指導者研修会において
竹園高校が発表した携帯電話の利用に関する資料を
資料集(HP右側)に掲載しました。

「県西地区高P連指導者研修会・アンケート」
「県西地区高P連指導者研修会・発表内容」

お子さんと、使い方のルールについて話し合う際の
参考にしていただけたらと思います。
| category 高校P研 | posted by 竹園高校PTA |
県西地区高P連指導者研修会のご報告
10月28日に筑西市県西生涯学習センターで開催された県西地区高P連指導者研修会に、武井教頭先生、中川先生、PTA副会長の内田と中村が参加しました。
今年の全体テーマは「学校、家庭、地域社会の連携を担うPTA活動の在り方―青少年の豊かな人間性を培うために」です。
本校が参加した第2分科会は「心の教育の充実を図るために」がテーマでした。
高校生の問題行動の背景について理解し、規範意識の高揚を図るため、家庭や地域の役割について考えようということで、サブテーマは「携帯電話の正しい使い方について親子で話し合っていますか? 携帯電話の利点・欠点を感じたことがありますか?」となりました。
この分科会には竹園高校のほか上郷、茎崎、境、下妻第一、下館第一、結城第一・第二、岩井西、茗渓学園、古河第二の各高校が参加しました。
本校は1,2年生を対象に学校がアンケート調査を実施して下さり、その集計結果に基づいて発表を行いました。
他校もアンケート調査を実施したところが多く、各高校の実態が報告されました。
アンケート調査の結果を見る限り、本校では犯罪につながるような携帯電話の使用はなく、生徒達は概ね携帯電話の利用を弁えている、と言えます。
とは言え、思わぬ危険と背中合わせであることを自覚し、携帯電話やネット(パソコン)に依存しないように注意する必要があります。
また、携帯電話での問題がなくても、生徒達の心のケアには保護者と教職員が連携して配慮せねばならないと思います。
ハイティーンの難しい時期の子供達です。
各ご家庭でも携帯電話やパソコン使用がどうなっているか、お子さんの様子を見守るようお願いします
| category 高校P研 | posted by 竹園高校PTA |
続・関東高P連甲府大会報告
 初日の報告は、中村副会長がして下さいましたので、私は2日目の報告をいたします。

2日目は、各分科会に分かれて各県代表の高校の発表を聞くというものでした。
私たち3名、吉成先生、篠崎さん、小山は、第3分科会に出席しました。

神奈川県立新羽高等学校の発表テーマは、「高校生の『食』について考える」
お弁当を持ってきても、量や栄養バランスに問題がある場合が多く、食生活改善推進委員さんの指導のもと、保護者、先生、生徒を対象にしたお弁当作り講習会 を開催したり、お弁当を持参しないでコンビニで購入してくる生徒たちのために、お弁当業者さんと提携して、栄養バランスの良いお弁当を販売してもらって大 変好評を得ている、など、PTAが主体となって「食」の改善に取り組んで成果があがっているという報告でした。

山梨県立山梨園芸高等学校の発表は、「交通教育・学校とPTAの連携のなかで」
同校では、原動付自転車の免許取得が認められているが、過去に交通事故で生徒が死亡するという事故が何件か起き、安全教育の必要性を痛感した。教員の指導 者も二輪車安全運転準指導員の資格を取得し、学校設定科目「安全教育」を1年次に必修で設定したが、PTAも積極的に参加するようになった。「親子ふれあ い教室」と題して、3年生を対象に、自動車教習所の教官、生徒とその親が車に乗って大型研修農場の敷地で生徒が運転を体験する試みも行われ、成果があがっ ている、という報告でした。

どちらの学校も、生徒の健全な成長、安全のためにPTAが大きな役割を果たしていることが印象的でした。

今回の関東高P連、私は二日とも参加して、とても貴重な経験をすることができました。

遅くなりましたが、簡単なご報告といたします。
| category 高校P研 | posted by 竹園高校PTA |
関東高P連甲府大会初日の参加報告
今日は、関東高P連の初日の全体会行事、それに記念講演が、山梨県甲府市小瀬スポーツ公園内の武道館で開催されました。

竹園高校からは市村校長先生と吉成先生、PTA本部からは小山さんと私中村が参加致しました。

今回の記念講演は、「人生が変わる話し方〜人間関係のレベルアップ・テクニック」と題して、山梨県都留市出身のフリーアナウンサー、小俣雅子氏が講演されました。

言葉の使い方を変えることで、ネガティブな思い込みや捉え方をポジティブなものに転換する、上手なほめ方、叱り方、そして聞き上手のポイントなど、家庭や職場、近所付き合いといった様々な場面で応用できる、とても有意義な内容の講演を聞かせて戴きました。

互いを尊重し合える良好な人間関係を築くためにことばを如何に使うか・・・「言霊」であることばを大切に使いたいものです。

簡単ですが、ご報告まで。
| category 高校P研 | posted by 竹園高校PTA |
県高P連総会に出席
5月30日(金)、
小美玉市 四季文化館みの〜れで開催された
茨城県高等学校PTA連合会の総会に
出席してきました。

午前中が総会で、午後は講演会でしたが、
渉外部の先生も私(会長)も
午後から仕事が入っていたので、
総会だけ出席して帰ってきました。

ちなみに小美玉市は、小川町 美野里町 玉里村が合併し
H18に誕生しました。

(ひとりごと)
なんで高P連の会合は平日ばかりなんだろう?
去年の総会で、休日にやってほしいと意見したのに、
今年も、全部平日です! 回数はそんなにはないけど、
先生方の負担もバカにならないと思うなあ・・・
| category 高校P研 | posted by 竹園高校PTA |